人気ブログランキング |
幸福論
画家の安藤光雅が「幸福論」の中で「本当に幸せだった人をみつけた」と語っていた東勝吉さんのこと。

<東勝吉さんは83歳まで木びきをしていた。
大分県湯布院の老人ホームに入所したとき「好きなことはないか」と尋ねられ、「別にないが、小学校のときおまわりさんが泥棒を追いかけている絵を描いて先生にほめられたことがある」といった。
このおじいさんに絵の具を渡すと驚くべき絵を描きはじめた。
99歳まで生きて百数十枚の絵を描いた。
地元の若者が記録した東さんの映像も見た。
誕生ケーキに立てた99本のろうそくをやっと吹き消して「はーっ」とため息。
「なにか歌って」とせがまれ、調子っぱずれの歌を歌う。
歌い終わると「あー、くたびれた」と車椅子で部屋に戻ってベッドにばたっと倒れる。
みんなが「東さん、東さん」と呼ぶ。
それでおしまい。
彼は帰ってこない。>

安野光雅に「私も今から自分の絵を止めて乗り換えたい」といわせた絵。
他者の評価など気にせずに、曇りのない眼で描かれた素朴で瑞々しい絵。
晩年になってようやく好きなことをして過ごせる日々にたどりついた幸せ。
誇りを失わない生き方を全うできた幸せ。

by店主 ♀



# by grass-b | 2013-03-05 10:56
悼む
先週から知人がグアムに滞在していたこともあり今回の事件に心が痛みます。

人が人を殺すということはどういうことなのか・・・。

思いだされるのはジョージ・オーウェルのエッセー「絞首刑」。
「死刑囚が絞首台に連行されるとき、両肩をつかまれているというのに、彼は途中の水たまりをかるく脇へよけた」という場面。
まもなく処刑される男が水たまりをよける、生身の人間の自然な行為。
あたりまえのことだけど死の寸前まで彼の日常は続いていたということ。

     by 店主 ♀



# by grass-b | 2013-02-28 10:49
新年
新年_f0199697_1695195.jpg
あけましておめでとうございます。

無事新年を迎えられたことに感謝。

長く続けていくコツは?と聞かれることがありますがりきまず日常を普通に過ごすことぐらいでしょうか。
普通の暮らしの中から可能性に満ちたものが生まれると感じています。

今年も皆様にとって健康で心やすらかな一年でありますように。

     by 店主♀

              photo by 松岡氏

# by grass-b | 2013-01-05 17:00
きなこ姫
きなこ姫_f0199697_452329.jpg


先週のこと。
伊豆のY御夫婦から
「4月5日に飼い猫のきなこが享年16歳で亡くなりました
つきましては新年のご挨拶をご遠慮申し上げます」
という葉書が届く。
Junkoさんのブログには慈しみ深い命への愛が溢れていて悲しみがやわらかくしみこんでくる。
亡くなる前日まだ固い蕾だった桜が突然咲いて今年の桜を見ることができましたとあった。
たとえ見えていなくても桜の声は聞こえていたはず。
猫も桜も人も自然の大きな循環のなかのささやかな時間であり、かけがえのない時間なんだということを思う。

     by 店主 ♀

# by grass-b | 2012-11-15 10:48
アップルパイ
アップルパイ_f0199697_1449768.jpg

今年も千春農園のりんごでコンポートを作りました。
アップルパイ_f0199697_14444030.jpg

なくなったら今シーズンのアップルパイはおしまい。
アップルパイ_f0199697_14425256.jpg

パイの皮が追いつかず一日6〜8個限定。
テイクアウトはできません。
ごめんなさい。

アップルパイ_f0199697_1439399.jpg

熱々をどうぞ。
   
      by 店主♀

              photo by 松岡氏


  
# by grass-b | 2012-11-10 12:22
Copyright (C) grass-b. All Rights Reserved.