ガルシアの隠れ家
by grass-b
もうすぐクリスマス
f0199697_19583090.jpg


ツリーの飾りは昔ザルツブルグで買ったもの。
街の飾りもこういう自然の素材から作ったものなので
落ち着きがあって美しい。
旧市街の中心部にはクリスマス市場ができてお菓子や人形、
リースなども売られていた。
雪が降り音が消えた街は静かにクリスマスを迎える準備を始める。
クリスマスといえば「きよしこの夜」。
私達の居たアンテリングの村から10キロぐらいのところにある
オーベンドルフ村に「きよしこの夜」が作曲されたという
きよしこの夜礼拝堂があった。
天気がいいと自転車で森を抜けザルツァファ川沿いの小径を
この小さな礼拝堂まで行ったっけ。
今でも心残りはイヴの前に南に向けて旅立ってしまったこと。
旅先でアンテリングを遠くに感じたのはリスボンの広場で。
カラフルなプラスチックの飾りを付けた巨大なツリーが埃っぽい風に
カラカラと鳴っているのを見上げたとき。
    
     by 店主♀ 


     
[PR]
# by grass-b | 2010-12-04 19:58
アップルパイ
f0199697_2302336.jpg

待ちに待った千春農園の紅玉が届く。
今年は雹に打たれて傷が付いてしまったとのこと。
でもおいしさに変わりはないので気にしない、気にしない。
換気を止め店の中を甘酸っぱい香りで満たしながら、
おもちゃのような皮むき機でクルクル、クルクル、終日コンポート作り。
さぁーて、アップルパイを焼こう。
できたてのアップルパイ!
舌を火傷しそうな熱々のそれを一口頬張ると私の中でよみがえる秋の記憶。
なつかしく人を無防備にさせてしまうような優しい味。
体の中にも満る秋。

   by店主 ♀

[PR]
# by grass-b | 2010-10-24 23:00
お盆中の営業日など
f0199697_714482.jpg


残暑お見舞い申し上げます。

暑い日々はもうすこし続きそうですね。


8月13日金曜日は営業いたします。

(12日木曜日は従来通り定休日

とさせていただきます)。


なお、お盆中の大人数でのお客様のお越しは

お待たせしてしまう場合があります。

どうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
# by GRASS-B | 2010-08-09 07:11
チーズケーキ
チーズケーキで忘れられないのは六本木にあったユダヤ人のおばあさんが

やっていた「コーシャ」という店のチーズケーキ。

グレーがかった白いそれをカットすると柔らかくひび割れてどろりと崩れんばかり。

濃厚で熟成された隠微な味わい。

あの味を再現したいと長い間試行錯誤を繰り返してきたけれど、

いまや私の記憶の中でファンタジーとなりつつあります。

記憶というのは時間の経過やこころのかたちにしたがって

ゆっくりと変わっていくものなのかもしれません。

いまはもう食べることはかなわないという存在感。

コーシャの店の壁に掲げてあった彼女の着物姿の写真を思い出す。

小首をかしげたチャーミングな笑顔の下に「わたしはコーシャ」と書いてあったっけ。

すべて淡い記憶の中に溶けてなくなってゆく感じ。

そう、コーシャはコーシャの、私は私のチーズケーキ。


     by 店主♀

[PR]
# by grass-b | 2010-07-27 17:23
ペン
f0199697_160774.jpg

和紙が好きでメニューや雑貨コーナーのカードなどにも。

使われているうちに生じる染みや汚れ、

傷や色あせなどは和紙ならではの味わいとなってそれがまたいいのです。

書き込む文字はイカ墨が原料の「セピア」というインクで。

このペンはそういう時に。

   by 店主♀

[PR]
# by grass-b | 2010-06-29 16:00
スパイスいっぱいのババロアに関するメモ。
f0199697_949666.jpg

スパイスの香りを封じ込めたババロアにさらにスパイスのシロップをたっぷりかけて。

食べる直前に生クリームを泡立て、ホールのスパイスをきざみ、きざむ。

香りがたちあがり、想像力が広がってイメージが遥か遠くに飛んでゆく。

刺激の風をひとつまみそよがせて、甘さのむこうになにか隠しもったデザートのできあがり。


    by 店主♀

[PR]
# by GRASS-B | 2010-06-27 09:49 | foods view
はさみ


f0199697_1763230.jpg

先月のこと。

「これはインドの手作りはさみです」

と書いただけであとが続かず。



かなり以前のこと。

絵描きのOさんは絵にいつもシュールで不思議なタイトルを付けるので

「どうしてこういう素敵なタイトルを思いつくの?」

彼女曰く「自分でも分からないんだけどある時突然降りてくるの」

ふぅ〜ん。

私も降りてくるのを待つことにしたものの・・・2週間経過。


先日の朝のこと。

ラジオから流れてきたのは18歳で中原中也賞を受賞した詩人の文月悠光さんの

「適切な世界の適切ならざる私」という詩。

どういう時にこの詩を書かれたのですか、という質問に

「教室で絵を描いている時に、絵筆の先に付いてた絵の具の気持ちになって書きました」

うーむ。



突然降りてくることもなければ、絵筆の先に付いた絵の具の気持ち、なんてわからない。


と言うこと、で。

このはさみが好きでひとこと書いてみたかったんだけどいまだ思うようにはいかず・・・。


  by店主♀

文月さんのブログ お月さまになりたい

[PR]
# by grass-b | 2010-05-20 17:06 | others
オーダーをどうぞ
f0199697_1447151.jpg

エスプレッソを飲もうと思ったんだけど・・・ではチャイにします。

by店主♀


[PR]
# by grass-b | 2010-05-19 14:47 | others


f0199697_731914.jpg








アンティークのパレット(ベルギー)とグラス(フランス)。
特に気に入ってるのはこのグラス。
無色と思いきやよく見るとうっすらとラベンダー色。
厚みといい、ゆがみといい、傷すらニュアンスが感じられてじつにフランス的。

by 店主

[PR]
# by grass-b | 2009-12-26 07:29
Copyright (C) grass-b. All Rights Reserved.