ガルシアの隠れ家
by grass-b
カテゴリ
全体
アクセス/国道、県道入口の目印
foods view
Herb field
others 
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
瑞丸画廊
終日瑞丸君のイラストの整理。
11歳から20歳迄1060枚ほど。
キャラクターはロボット、ミイラ、ドラキュラ、お化け、ピエロ、怪獣、がい骨、魔女、他。
シリーズものはサーカス、サーフィン、ハローイン、クリスマス、墓地、他。

11歳、たとえば、
蛇に傘をさしかけているドラキュラ。
ピラミッドの近くでミイラ犬と散歩するミイラ。
クリスマス、蜘蛛の網に飾られているのはイルミネーション、サンタの靴下、キャンディーなどのプレゼント。
回っているミキサーに手をつっこんでいる熊のぬいぐるみ、とび散る血。
壊れて中身がとびだした情けない表情のロボット達。

彼の絵は首がもげたり血が滴っていたりとブラックだけどユーモアは外さない。
このころ惹かれていたのはティム・バートンやエドワード・ゴーリー。

瑞丸君のお母さんに聞いたエピソード。
<小学生の夏休みの宿題に工作があった。
その時作ったのがギロチンとがい骨でタイトルが「歯の弱いギロチンと骨の弱いがい骨とのたたかい」>

子供はストレンジャー、異人だ!

15歳
高くかかげたナイフの切っ先に止まっている蝶。

「少年来る無心に充分に刺すために」 
          阿部完市 「絵本は空」より


         by 店主 ♀

[PR]
# by grass-b | 2013-04-04 10:43
共感したこと
F店の青山店閉店の通知が届いた。

「とてもとても気にいった店でした。
13年前に美しく生きる、住まうをテーマに大きな器に沢山のメッセージを込めてopenさせた青山店でした。
3月末にて閉店することになりました。
東北震災以降 人の心は少し変わったように思います・・・。
これ迄に培った物や道具や友人や家族と歩みを 大切な今の生活をつつましく守りたいと思う気持ちが生まれたと思うのです。
私も残りの人生をもっともっとゆっくりと楽しみ生きたいと思い始めました。
今の商売はせっかちで忙しいです。
勝つとか負けるとか売れるとか売れないとか、苦しいです。
元々日本の現実が美しくなくて、提案型の店を作ることで人として何が本意で心地よいかを表現してきた事でした。
大好きだったヨーロッパの伝統あるメーカーさんもこのところ数多く廃業しています。
どこかの国に心なく真似されて、量産されて便利で簡単が優先されています。

大きな器を閉店することで、小さな抵抗としたいです。」

文面から店主のため息が伝わってくるようだ。
便利で簡単、効率的なものはゆったりとした時間がかすめとられてゆくみたいで心地よくない。
普段感じることは自分の理想と多くの人に支持されるものとは別だということ。
「狭間」で苦しいときは適度な余白を作って流れを起こそう。

         by 店主♀




[PR]
# by grass-b | 2013-04-03 10:44
幸福論
画家の安藤光雅が「幸福論」の中で「本当に幸せだった人をみつけた」と語っていた東勝吉さんのこと。

<東勝吉さんは83歳まで木びきをしていた。
大分県湯布院の老人ホームに入所したとき「好きなことはないか」と尋ねられ、「別にないが、小学校のときおまわりさんが泥棒を追いかけている絵を描いて先生にほめられたことがある」といった。
このおじいさんに絵の具を渡すと驚くべき絵を描きはじめた。
99歳まで生きて百数十枚の絵を描いた。
地元の若者が記録した東さんの映像も見た。
誕生ケーキに立てた99本のろうそくをやっと吹き消して「はーっ」とため息。
「なにか歌って」とせがまれ、調子っぱずれの歌を歌う。
歌い終わると「あー、くたびれた」と車椅子で部屋に戻ってベッドにばたっと倒れる。
みんなが「東さん、東さん」と呼ぶ。
それでおしまい。
彼は帰ってこない。>

安野光雅に「私も今から自分の絵を止めて乗り換えたい」といわせた絵。
他者の評価など気にせずに、曇りのない眼で描かれた素朴で瑞々しい絵。
晩年になってようやく好きなことをして過ごせる日々にたどりついた幸せ。
誇りを失わない生き方を全うできた幸せ。

by店主 ♀



[PR]
# by grass-b | 2013-03-05 10:56
悼む
先週から知人がグアムに滞在していたこともあり今回の事件に心が痛みます。

人が人を殺すということはどういうことなのか・・・。

思いだされるのはジョージ・オーウェルのエッセー「絞首刑」。
「死刑囚が絞首台に連行されるとき、両肩をつかまれているというのに、彼は途中の水たまりをかるく脇へよけた」という場面。
まもなく処刑される男が水たまりをよける、生身の人間の自然な行為。
あたりまえのことだけど死の寸前まで彼の日常は続いていたということ。

     by 店主 ♀



[PR]
# by grass-b | 2013-02-28 10:49
新年
f0199697_1695195.jpg
あけましておめでとうございます。

無事新年を迎えられたことに感謝。

長く続けていくコツは?と聞かれることがありますがりきまず日常を普通に過ごすことぐらいでしょうか。
普通の暮らしの中から可能性に満ちたものが生まれると感じています。

今年も皆様にとって健康で心やすらかな一年でありますように。

     by 店主♀

              photo by 松岡氏

[PR]
# by grass-b | 2013-01-05 17:00
きなこ姫
f0199697_452329.jpg


先週のこと。
伊豆のY御夫婦から
「4月5日に飼い猫のきなこが享年16歳で亡くなりました
つきましては新年のご挨拶をご遠慮申し上げます」
という葉書が届く。
Junkoさんのブログには慈しみ深い命への愛が溢れていて悲しみがやわらかくしみこんでくる。
亡くなる前日まだ固い蕾だった桜が突然咲いて今年の桜を見ることができましたとあった。
たとえ見えていなくても桜の声は聞こえていたはず。
猫も桜も人も自然の大きな循環のなかのささやかな時間であり、かけがえのない時間なんだということを思う。

     by 店主 ♀

[PR]
# by grass-b | 2012-11-15 10:48
アップルパイ
f0199697_1449768.jpg

今年も千春農園のりんごでコンポートを作りました。
f0199697_14444030.jpg

なくなったら今シーズンのアップルパイはおしまい。
f0199697_14425256.jpg

パイの皮が追いつかず一日6〜8個限定。
テイクアウトはできません。
ごめんなさい。

f0199697_1439399.jpg

熱々をどうぞ。
   
      by 店主♀

              photo by 松岡氏


  
[PR]
# by grass-b | 2012-11-10 12:22
アップルパイ
f0199697_11202394.jpg


秋、楽しみのひとつに ■ More → → →
[PR]
# by grass-b | 2012-10-25 06:08 | foods view
日光浴
店内の鉢植えを外に出すのは大事な日課。
休みの日は一日たっぷりと外気にあてたい。
朝夕の穏やかな陽射しはありがたいけど日中は木陰を求めて何度も鉢を移動する。
もう陽射しの番人。
木々の間に陽が落ちる頃今日もどっと始まりどっと終わる一日だったなぁ、と、そんな毎日。

三好銀の漫画
「海辺へ行く道 そしてまた、夏」より。
陽当たりの悪いアパートに女性が越して来る。
ほんの数分テーブルの上に一筋の陽射しが差し込む時がありそこに小さな鉢植えを置く。
油断するとすぐ陽射しが動くのでじっと見ている。
その動きに添って鉢を指先でつつっと押す。
陽射しは次第に細くなり消えるとその日の日光浴は終わり。

    by 店主 ♀

[PR]
# by grass-b | 2012-08-05 10:52
Copyright (C) grass-b. All Rights Reserved.